【韓国】10年の時を経て韓国初のモノレール『月尾海列車』ついに開通! 仁川の西海の景色と歴史的な名所を堪能できる

56pt   2019-10-09 21:25
ます速ch

1: 名無しです 2019/10/09(水) 20:45:01.30 ID:CAP_USER 仁川観光名所を周るモノレール観光列車「月尾海列車」が10月8日に開通しました。

月尾海列車は仁川駅から出発し、月尾公園入口、月尾文化通り、移民史博物館の4駅6.1キロ区間を運行します。

 
月尾海列車は国内初の都心型モノレールとのこと。

2010年に完成したもののに工事のミスが発見され、以降複数回にわたる事業変更など紆余曲折を経てやっと今年10月2日に開通式を終えました。

 2両1編成、10分間隔で運行されます。1回の乗車に最大46名まで乗ることができ、時速14.4kmの速度で全区間の周回に約35分間かかります。

 月尾海列車で最大18メートルの高さから仁川の西海の風景や月尾テーマパークや、世界で最も大きい野外壁画としてギネスブックに登録された仁川港サイロ壁画も見ることができます。

 
月尾公園駅の屋上にはフォトゾーンが設置され、仁川港サイロ壁画を背景にした記念写真を撮ることもできます。月尾文化通り駅、移民史博物館駅の屋上には夕日展望台があり美しい夕日を観覧できます。

 
列車を利用すれば月尾島近くにある開港場、チャイナタウン、旧日本人街も同時に周ることができ、充実した仁川観光を楽しむことができます。

 

月尾海列車の料金は大人8,000₩、学生・高齢者 6,000₩、未就学生 5,000₩、障がい者 4,000₩。

年末までは開通プロモーションとして、大人6,000₩、学生・高齢者 6,000₩、未就学生 4,000₩、障がい者 3,000₩で利用できます。

 

10年の時を経てやっと開通した月尾海列車。

ゆっくりじっくり仁川の西海の景色と歴史的な名所を堪能できる海列車をぜひ利用してみてください。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=7563469&name
   特亜アンテナトップページへ
特亜三国に関するアンテナの話題が沢山。