【韓国】 日本経済侵略対策特別委、日本の記者を集めた懇談会で「日本のすることは4才の幼児のようだ」[08/12]

28pt   2019-08-14 07:55
ニダアル速報+

1: 蚯蚓φ ★ 2019/08/13(火) 22:35:25.59 ID:CAP_USER a73328ae-s.jpg

▲民主党日本経済侵略対策特別委主催で開かれた韓国駐在日本メディア記者懇談会が12日午後、国会議員会館で開かれて参席者らがチェ・ジェソン特別委委員長の発言を聞いている。キム・ギョンホ選任記者

12日午後、共に民主党日本経済侵略対策特別委員会が開催した駐韓日本メディア記者懇談会で民主党特別委員会委員らと日本記者らの間に舌戦が繰り広げられた。

比較的静かな雰囲気だったが、行き来する質問と返事は刃が鋭くなっていた。この日、チェ・ジェソン特別委員会委員長は冒頭発言から「韓日請求権協定で個人の請求権が解決されたというのはごり押しに過ぎない。アベ政府の二重的姿勢に日本メディアは沈黙してはならない」と強調した。合わせて「我が国だけでなく(世界)各国で(日本の)放射能リスクに対する憂慮が提起されている。日本政府はこの様な憂慮に対し率直に答えなければならない。日本の政治に平和の祭典オリンピックを巻き込むな」と警告もした。

日本記者らは「韓国の地方自治体の日本不買運動」に対して集中的に質問した。共同通信記者は「私が見るに、韓国市民は思ったより冷静に行動している反面、ソウル市中区が日本不買運動をするなど政府与党が反日感情をそそのかしていることに批判が出ている」と言った。朝日新聞記者も「地方自治体が税金を使って日本不買運動を広める活動をしている」とチェ委員長の意見を聞いた。最近、議論になったソウル中区庁の「NOジャパン」旗が世界貿易機構(WTO)規定違反の可能性がある点を意識した質問だった。

チェ委員長は直ちに日本記者に質問を返して舌戦を行った。チェ委員長は「原因の提供は外交的問題を経済報復に引き込んだアベ政府の措置のためと違うか。これについてどう思うか」と反問した。

キム・ミンソク特別委員会副委員長は「不当な経済報復を始めた日本側から、なぜ(韓国)政府や地方自治体が世界貿易機構規定に外れるように不買運動をそそのかすのか、と問題を提起するのは真におかしなこと」と答えた。司会を努めたオ・ギヒョン特別委員会幹事は質問の間に「大韓民国政府与党は不買運動に介入したり関与したことはない」と事実を指摘した。

韓国政界で提起される「GSOMIA廃棄」主張に対する質問も続いた。NHK記者が「韓国政府はGSOMIAを廃棄すべきと考えるか」と尋ねた。チェ委員長は政府の立場については即答を避けながらも「(日本が)大韓民国を安保で信頼できない国としながら、(GSOMIAを)延長するのは矛盾。(この問題は)アベ政府に尋ねる方が正しいと見る」と答えた。

懇談会の終わりには多少露骨な返事も出てきた。朝日新聞記者が「先週、日本政府がフォトレジスト輸出を許可したが、こういう措置が相次げば韓日葛藤が解消されると思う」と話すと、すぐにキム副委員長は「日本がすることを見れば、1000人が通る道を遮り、1人通して『ボク上手にできたでしょ?』と言う4才の甘えん坊を見るようだ。安倍総理が気がつくことが唯一の解決法」と答えた。

イ・ジヘ記者

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)<民主党日本特別委、日言論に“日本すること、4才甘えん坊”>
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/905470.html

引用元: 【韓国】 日本経済侵略対策特別委、日本の記者を集めた懇談会で「日本のすることは4才の幼児のようだ」[08/12]

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6055119&name
   特亜アンテナトップページへ
特亜三国に関するアンテナの話題が沢山。