【トランプ大統領】中国が米国しのぐことない-自分が大統領である限り[5/20]

5pt   2019-05-21 11:30
ニダアル速報+

6f586a6a.jpg1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/21(火) 00:36:00.63 ID:CAP_USER →「中国は明らかに、われわれほどうまくやっていない」

→HSBCとIMF:中国は30年までに世界一の経済大国になる

トランプ米大統領は、貿易戦争に「非常に満足」しているとし、自分が大統領である間は中国が米国を抜いて世界一の経済大国になることはないと言明した。

  大統領はFOXニュースの番組で貿易戦争の大詰めについて尋ねられ、「われわれは大金を手に入れている。中国は明らかに、われわれほどうまくやっていない」と語った。こうした大統領発言は、今月上旬に物別れに終わった中国との貿易交渉の再開を急いでいないことを示唆する。大統領は交渉決裂後、中国製品への追加関税を導入したほか中国のテクノロジー大手、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)と米企業の一部取引を禁止した。

中国外務省の陸慷報道官は20日の記者会見で「国家間では、貿易と投資は相互の尊重と平等、相互利益に基づかなければならない。中国政府と企業が取る対抗措置については見ていてもらいたい」と述べた。  

  トランプ大統領は、今の中国経済は「すごくない」が、「米経済は素晴らしい。中国は米国に追いつき、追い越そうとしていた。もしヒラリー・クリントン氏が大統領になっていたら、任期の終わりまでに中国は米国をはるかにしのぐ経済大国になっていただろう。しかし今では、中国はその状態に近づくこともないだろう」と論じた。

  大統領はまた、米国に代わって世界を率いる超大国になることを中国は望んでいると思うと述べた上で、「私がいればそれは起こらない」と主張。「それが彼らの意思だと考えている。当然のことだ。中国人は非常に野心的な人々だし、非常に頭がいい」と話した。

  HSBCホールディングスのエコノミストは2018年に、中国が30年までに世界一の経済大国になると予想。国際通貨基金(IMF)も昨年、同様の見方を示した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-20/PRSBFG6KLVR501
ブルームバーグ 2019年5月20日 13:37 JST 更新日時 2019年5月20日 19:26 JST

引用元: 【トランプ大統領】中国が米国しのぐことない-自分が大統領である限り[5/20]

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6055119&name
   特亜アンテナトップページへ
特亜三国に関するアンテナの話題が沢山。