立憲・逢坂誠二「まっとうな政治を取り戻すため政府の恣意的な公文書管理から脱却せねばならない!民主主義の原動力は情報だ!」

28pt   2019-05-21 10:38
政経ワロスまとめニュース♪

31772023-s.jpg

aa060007.jpg

まっとうな政治を取り戻すため政府の恣意的な公文書管理から脱却せねばならない。今の政府は国会に必要な資料も出さないし、説明もしない場面が多い。国会の行政監視機能を高めるための取り組みを加速させねばならない。民主主義の原動力は情報だ。政府の恣意的な情報操作は民主主義の基盤を破壊する。

— 逢坂誠二 立憲民主党(りっけん) (@seiji_ohsaka) 2019年5月19日
 
c?ro=1&act=rss&output=no&id=6616572&name
   特亜アンテナトップページへ
特亜三国に関するアンテナの話題が沢山。