【韓国】日本の稚拙な『YNT慰安婦歪曲報道』は遺憾である=天地日報社説

90pt   2019-02-11 13:35
ます速ch

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/11(月) 10:17:59.40 ID:CAP_USER 日本政府がニューヨーク・タイムズ(以下、NYT)に日本軍慰安婦被害者と関連して、虚偽の主張を盛り込んだ反論を出した。先月30日、NYTは日本軍慰安婦被害者であり女性人権活動家の故・金復東(キム・ボクドン)さんを不屈の活動家として追悼して、病床でも日本の心からの謝罪と法的賠償を求めたと伝えた。

日本政府がこの記事に対し、外務省の報道官の名義で書いて送った反論文が7日のインターネット版に掲載された。日本政府はここで、「日本は慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を治癒する努力を取ってきた」と主張した。続けて、「和解治癒財団を通じて生存する慰安婦被害者34人が支援金を受け、日本の措置を歓迎した」と述べた。

今や生存する日本軍慰安婦ハルモニ(お婆さん)はわずか20数人である。全員高齢で、いつ他界するか分からない方々である。そのような方々が老体に鞭打ち、毎週水曜日になると日本大使館前で日本政府の公式謝罪と賠償を求めている。これらは、被害者が認めない韓日慰安婦合意は無効であると主張し続けてきた。被害者が拒否した和解治癒財団も既に解散している。被害者が合意していない合意は、ハナから成立しないのが道理である。この全ての事実を知っている日本政府が有力紙に、「被害者が日本政府の措置を歓迎した」という歪曲報道までするとは、チョンンインゴンノ(天人共怒=到底許し難いこと)する事である。

今年は三一運動100周年になる年である。できれば韓日関係が100年前の対立状態を解き、和解する事を我が国民誰しもが望んでいる。しかし、日本政府の歴史歪曲が我々の望みと希望(一緒やん)に冷や水を浴びせている。

日本がこのように自分たちの過去を隠そうとしているのは、自分たちが残酷な犯罪を犯したという事実を知っているからとも見る事ができる。手遅れになる前に日本政府が歴史と被害者を前に叩頭を下げて(土下座して)謝罪しなければ、戦犯国家の日本に対する反感が世界中を覆うかも知れない。日本は強制動員被害者損害賠償判決に関連しても、第三国の委員を含む仲裁委員設置の提案を検討している事が分かった。被害者から直接許しを得る時間は余りないのに、このように相変わらず稚拙な日本の態度は本当に遺憾である。

ソース:天地日報(韓国語)
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7563469&name
   特亜アンテナトップページへ
特亜三国に関するアンテナの話題が沢山。