【お笑い韓国軍】「斬首部隊」来年は着手金のみ反映 敵侵入用のヘリも現時点では確保できず

2pt   2017-12-08 07:45
えら呼吸速報

【お笑い韓国軍】「斬首部隊」来年は着手金のみ反映 敵侵入用のヘリも現時点では確保できず

d8c6f959-s.jpg

1: 右大臣・大ちゃん之弼  2017/12/07(木) 18:13:22.79 ID:CAP_USER 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対するいわゆる「斬首作戦」を行うため、韓国軍に先日新たに立ち上げられた特殊任務旅団が複数のハイテク兵器を確保できる見通しとなった。6日に国会で可決した来年度の国防予算は43兆1581億ウォン(約4兆4200億円)だが、その内訳を見ると同旅団専用の装備や物資、被服など11品目に65億7600万ウォン(約6億7300万円)が配分されていた。


今回新たに導入される装備は例えば建物の内部や壁の向こう側など、見えないところに隠れた敵を透視し探し出す装置やレーダー、また銃声や大きな爆発音の中でも無線などをやりとりできる遮音ヘッドホン、敵を殺害した直後に生死を直ちに確認できる生体認識機などがある。

旅団そのものは当初の計画よりも2年前倒しで設置されたが、その際、作戦の遂行に必要な兵器を確保できず「形だけの斬首部隊」といった指摘を受けてきた。

 このことを意識したかのように国会は審議の際、上記の予算とは別に260億ウォン(約27億円)規模となる「特殊任務旅団能力補強予算」も新たに追加することにした。この予算は同旅団用の機関短銃、高速流弾機関銃、自爆用無人機、偵察用無人機などの購入に充てられる。

ただしこれら追加の兵器購入は着手金となる3億4000万ウォン(約3500万円)のみが今回反映され、実際に導入されるのは2019年以降となる見通しだ。特殊任務旅団は兵士を作戦の直前になってひそかに進入させるが、現場ではそれに使うヘリコプターなどさえまだ確保できていない。そのため「形だけの斬首部隊」という指摘は今後もしばらく続きそうだ。





李竜洙(イ・ヨンス)記者

2017/12/07 09:50 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/07/2017120700960.html
おすすめ!GHQ職員が撮影した第二次世界大終後の日本各地のカラー写真が大量にアップされる…国立国会図書館! 韓国人「日本文化が韓国を占領していた時代をご覧ください」 【画像】この女の子が何故怒ってるのか理解できない奴はアスペらしいwww 【NHK】「なんで紅白に出るんだろう?」と思う歌手ランキング。女子中高生に人気のTWICEが22.5%で2位に 【衝撃】日本を騙したインドネシア高速鉄道の現在!中国がお手上げ状態だと発表!!インドネシア国民から悲嘆する声も!! 【激写】コスプレイヤー達のモラルが低下…上半身裸で下は…(画像あり) 【韓国の反応】韓国人「日本と韓国は出会うべきではなかった」 某新聞記者「『安倍総理は無罪』と書くとデスクに握りつぶされる。『うちは安倍批判でいくんだから!』と」 【韓国の反応】「GfK国家ブランドランキング」ドイツ1位、日本4位、米国6位、韓国は・・・ c?ro=1&act=rss&output=no&id=5921310&name
   特亜アンテナトップページへ
特亜三国に関するアンテナの話題が沢山。